小麦粉なし!とろとろ・つやつやカスタードクリームの作り方

広告
カスタードクリーム-creme-patissiere
この記事は約4分で読めます。

カスタードクリームはフランス語で「クレーム・パティシエール」と呼ばれ、直訳すると「お菓子屋さんのクリーム」を意味します。お菓子屋さんにとっては身近なクリームで、シュークリームやたい焼きなど色々な場面で使われます。失敗しないポイントを押さえた作り方を紹介します。

広告

とろとろ・つやつやを目指せ!

いきなりですが、カスタードクリームは日持ちしません。当日~翌日中には召し上がりましょう。なので、まとめて作り置きはせず、必ず使い切れる分量で作ります。

材料

  • 牛乳:250ml
  • バニラビーンズ:1/2本(なければバニラエッセンス)
  • 卵黄:3個
  • 砂糖:40g
  • コーンスターチ:20g
  • バター:25g

作り方・レシピ

(1) 牛乳を温める

バニラビーンズを使う場合は、鞘を割いて中身を牛乳を共に鍋に入れます。バニラビーンズを使わない場合は、牛乳だけを鍋に入れます。鍋に火をかけ、沸騰直前まで温めて火を止めます。

(2) クリームの土台を作る

ボールに卵黄、砂糖を入れて白くなるまでしっかり混ぜます。バニラビーンズを使わずバニラエッセンスを使う場合は、ここで加えましょう。その後、コーンスターチを一度に加え、軽く混ぜます。

ボールに、温めた牛乳を少しずつ、数回にわけて加えます。牛乳を全て加えた後は、濾して鍋に入れます。

温かい牛乳を一度に加えると、卵が熱で固まってダマになります。必ず少しずつ、チョロチョロと数回にわけて加えましょう。

(3) 中火でトロミを引き出す

鍋を中火にかけ、クリーム状にします。最も気を遣うところですが、ポイントを押さえれば誰でもできます。

・中火にしましょう。火が強すぎると焦げの原因となります。
・木べら(できればゴムベラ)を使って、火をつけてる間はひたすら混ぜましょう。手を止めるべからず!混ぜが足りないと鍋の中で温度差が起こり、ダマの原因となります。
・鍋の中で温度が上がりだすと、徐々にクリーム状に生地がまとまり出します。粘りが出始めたら、さらに1分程加熱することでクリームが滑らかになります。ここで火を止めます。

クリームが滑らかになり、火を止めたらバターを加えてしっかり混ぜます。

バターを加えることで、クリームがつやつやになります。バターが完全に溶けるまでしっかり混ぜましょう。

(4) 仕上げ

鍋底を氷水に浸し、急冷します。その間、クリームを混ぜ続けることでしっかり冷やします。

クリームを急冷することでクリームの痛みが抑えられます。急冷せず自然に冷やすとクリームが傷みやすいです。

クリームが冷えた後は、もう一度濾します。

その後、皿(できれば平らなバット)に移し、クリームの表面までしっかりラップで覆って冷蔵庫で冷やします。

クリームを濾すことで目に見えないダマを取り除き、口当たり滑らかなクリームとなります。また、クリームをぴっちりとラップで覆うことでクリームの乾燥を防ぎます。

広告

できあがりと注意点

クリームを味見してみましょう、とってもクリーミーで滑らかな舌触りなはずです。できあがったカスタードクリームは当日中に召し上がりましょう。傷みやすいのであまり日持ちしません。

 

広告

困った時は

粉末状のカスタードパウダーが売っています。牛乳を加えるだけで簡単にカスタードクリームにできます。割り切って使うのも手ですね。

 

 

プロフィール
このサイトの管理人
sue-jp

中部地方在住、2児のおっさんです。
欧州の衣食住をこよなく愛し、欧州のメジャー~マイナーなところを旅してきました。家族をあっと言わす絶品レシピや、育児、お役に立つことをおっさん目線で紹介します。

sue-jpをフォローする
デザート
広告
SUeのブログ
タイトルとURLをコピーしました