生クリーム・バター・砂糖を煮詰めるだけ!程よい固さの生キャラメル

広告
生キャラメル-raw-caramel
この記事は約4分で読めます。
広告

お子様へのお菓子に。手作りだからこそ安心な「生キャラメル」

生キャラメルといえば、タレントの田中義剛さんが経営している花畑牧場がとても有名ですよね。当時は品薄で北海道でしか買えなかったのを覚えています。時は流れ、今では結構簡単に手に入るようになりましたが、シンプルな材料・触感で今も人気があります。ご家庭でも簡単に作れますので、お子さんと一緒に作るもよし、お菓子としてあげるもよし、煮詰めるだけで作れる簡単レシピを紹介します。

難易度・調理時間

難易度:★

調理時間:15分

材料

  • バター:25g
  • 砂糖:50g
  • 生クリーム:100ml(事前に冷蔵庫から取り出して常温に戻しておくとベスト)

作り方

(1)

(2)

(3)

(4)

(1) フライパンに砂糖・バターを入れて、中火~強火にします。

(2) バターが溶け始めますので、木べら等で混ぜ始めます。以降は、焦げないよう混ぜ続けて下さい。

(3) 大きめの泡が出始めます。

(4) 次第に泡が小さくなり、茶色になりだしたら火を止めます。

 

火を止めた後も余熱で色が変わるので、茶色になり始めたらすぐ火を止めましょう。

SUe
SUe

火を止めた後もしばらくは混ぜ続けます。

 

(1)

(2)

(3)

(1) 生クリームを少しずつ加えては混ぜ、少し加えては混ぜを繰り返して、なじませます。

 

SUe
SUe

実は、フライパンの温度が冷めてない状態で冷たい生クリームを加えたので、砂糖が結晶化しちゃいました。

大丈夫!この後、火にかけるので、結局砂糖は再び溶けて生クリームと混ざります。なるべく、フライパンの中の温度が冷めた状態で、常温に戻した生クリームを入れると良く馴染みます。

 

(2) 生クリームを全て加えた後は、再び火をかけて弱火にします。

(3) 火をかけている間は、木べら等でしっかりと混ぜ続けましょう。

火を止めた直後は、フライパンのなか(砂糖・バター)の温度はあっつあつです。多少温度を下げてから生クリームを少しずつ加えると砂糖が結晶化せず、よく馴染みます。あまりこだわる必要はありません。

(1)

(2)

(1) 弱火で混ぜ続けて5~10分すると、トロミが出始めます。

(2) 好みのトロミになったら火を止めます。木べらでフライパンの底をすっと動かすと、2~3秒たってじわっと戻る程度まで火をかけました。

 

トロミについては完全にお好みですが、じわっとするぐらいで火を止めると、冷えても完全に固まらず生キャラメルっぽく仕上がります。

 

できあがり

まだトロトロの間に、一つずつ紙に包んで冷蔵庫で冷やせばできあがり。冷えても完全に固まらず、触ると簡単に形が変わります。丁度よい固さに出来ました。

広告

あとがき

余計なモノは一切入れず安全安心なお菓子ですよね。お子さんと一緒に作る時は火傷に気を付けましょう。大人は銀歯が取れないように気を付けて食べて下さい。

プロフィール
このサイトの管理人
sue-jp

中部地方在住、2児のおっさんです。
欧州の衣食住をこよなく愛し、欧州のメジャー~マイナーなところを旅してきました。家族をあっと言わす絶品レシピや、育児、お役に立つことをおっさん目線で紹介します。

sue-jpをフォローする
デザート
広告
SUeのブログ
タイトルとURLをコピーしました